人物の行動を調べる「素行調査」で分かることとは?

素行調査を依頼して結果として見えてくることは

素行調査を依頼して結果分かってくること

人の行動を調べる必要性が生じた場合

私達が普段生活している分には起こりえないことではありますが、何かのきっかけから通常では絶対にありえないだろうという事柄が生ずる場合があります。
それは自身にとって大変いやなことかも知れませんし、苦痛を伴うことかも知れません。
しかし、絶対にその行為が必要になってきた場合、やむをえず実行に移さなければならない例もあります。
たとえば他人の行動を調査しなければならなくなった場合です。
家族の素行を調べるだけでも普通ではないのに、赤の他人の行動を調べなければならないというのは少々異常とも取りかねません。
この場合個人で他人を調べるにはおのずと限界というものが生じてきます。
通常ならば不可能といっても良いでしょう。

ではどのように調べるのか

それではどのような方法、手段を用いて調査しなければいけないのでしょうか。
お役所など公共の機関では個人情報の問題や目的の特殊性からまず100%調べてもらうことは不可能といえます。
逆にこちらが目的を疑われかねません。
では個人として調査しましょうかといってもまず方法そのものを知りません、時間と労力がかかりすぎです。
第一、こちらが疑われてしまっては元も子もありません。
では知人に頼みましょうか、そんなこと快く引き受ける知人など、ましてや他人でもいるはずはありません。
もしそんなことをすれば友好関係そのものが崩壊してしまうでしょう。
さあ、こうなるともはや八方塞ですね、そもそも他人の行動を個人で調査するという行為自体が行過ぎているのです。


▲先頭へ戻る