人物の行動を調べる「素行調査」で分かることとは?

素行調査を依頼して結果として見えてくることは

業者に素行調査を依頼する場合

やはりしかるべき業者に頼むのが正解

そうなるとやはり然るべき業者なり第三者に依頼するというのが一番まともな選択かと思います。
するとそれを専門にしている方たちですから極秘性、秘密性は当然守られます、依頼者本人が出向いていく必要も顔を出す必要もありません。
また専門の方ならば必ずや満足の行く結果を報告してくれる期待が高まりますし、かなり細かい部分まで依頼者は知ることができるでしょう。
何よりも極秘に調査をしてもらえるというのは目的の性格上何物にも変えがたい条件になってくるでしょう。
一般的にここで指す業者とは興信所、探偵事務所、会社として組織的な営業をしている事務所などが挙げられると思います。
いずれも専門性に優れ、依頼者に有利に行動し知りたい情報を的確に収集してくれます。

素行調査とはいったいどういうものなのか

しかし、いったい素行調査とはどのようなものなのでしょうか。
普段の我々の生活にはまったく縁のないものですし、あまり良いイメージを持っている人も少ないような気がします。
ただ必要なものであることだけは確かなようです。
そもそも素行調査とはある特定の人間に問題のある行動や疑いが生じたときにその人物の日常の行動を第三者が調査し、依頼した人間にそれを報告書という文書による証拠としてお渡しするのが一般的にいう素行調査といえると思います。
任務の特殊性から手がけている業者は種類に限りがありますが、その存在は非常に数が多く、個人事務所から会社規模まで多岐にわたって存在します。
調査の内容もこれは多岐にわたり、なにしろ人間の素行ですから千差万別にテーマは存在し、業者の実力が問われるところではあります。
やはり一番数が以来すうとして多いのは配偶者の浮気調査が一番多く、以来の大部分を占めるともいいます。


▲先頭へ戻る